« 2005年はどんな年? | Main | 酉の市へいこう »

今日は、ビーナスプロジェクトの日

041123_135341.jpg

ビーナスプロジェクトに来ていただいた方、ありがとうございました。

実は、昨日ブログに直接、日記を書いたのですが、
最後に、ESCで、消してしまいました。

これには、ショックを受け、昨日はまだ書くべきでないのか
と思い、断念したのです。

23日は、2005年を東洋占術と西欧占星術で、読み解きましたが、
どちらからみても、来年の基本テーマは、同じです。

来年は、乙酉の年、これは近くは終戦の年であり、遠くは、平城京をつくった
桓武天皇が、即位した年です。

両者に共通しているのは、天命、革まって選ばれた者の自覚をもって、
困難な現実とむきあっていく。

しかも、大きな犠牲を払うことが要求される。

この使命が何か。?
何の犠牲をはらうのか?
また、目的遂行のために、実際どうしたらよいのか?

こんなことが、リーデングでわかります。
西洋占星術は、天の気をよみ、
東洋占術は、地の気をよみます。

数秘術で、自分の運命数を知ることで
今の時期の自分のテーマがよりはっきりします。

スピコンでも、この3人トリオで、出るので、是非どうぞ。

後藤先生は、急用でいらしゃれなかったのですが、
セミナーに、バンキー療法院の内田先生が、飛び入りできてくださいました。


おりしも、アトピーで悩まれていたかたが、いて健康相談になりました。

アトピーの治療では、

1、お砂糖をとらないこと。
 (脾臓を弱めるので)

2、酢風呂に入ること
 本来弱酸性のお肌が、かくことで、バリアーが
 壊れている。
 それを、人工的に修復してあげる。

3、肉体的にも、精神的にも、ショックを受けやすいので、
 基本体力をつけるために、アマンアルファが有効であることが
 説明されました。

とても実際的で、わかりやすくて、よかったです。

写真は、会場のひとこま。

今回スタッフとして参加してくれたかたが、イベントのプロだったので、
とても、参考になりました。

会場に入ると、ビーナスの雰囲気が漂いました。

|

« 2005年はどんな年? | Main | 酉の市へいこう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63139/2041382

Listed below are links to weblogs that reference 今日は、ビーナスプロジェクトの日:

« 2005年はどんな年? | Main | 酉の市へいこう »