« 淘宮通信7月号が難産のすえ、やっと発刊されました | Main | テポドンがうちこまれ、「大本営参謀の情報戦記」を読み返す »

北朝鮮からテポドンが打ち込まれた日

日記にコメントをいただきました。
メール始まり

こんにちは。

西洋占星術だと私の金星、火星のサビアンは蟹座17度でICにあります。
(占星術ソフトによっては蟹座16度です)
所長のMCが蟹座16度ということで反対側になりますね。
一時期マンダラに興味を持ってましたし、このブログに出会えたのも
偶然じゃなく、必然かもしれません。(^^ゞ

反対側のサビアンを活性化すると、運命の呪縛から逃れることができるそうですが、とすると、山羊座16度「体操着に身を包んだ少年少女たちが集まっている、学校のグラウンド」のように、知的にどうこうと、考えごとをせずに、身体を動かしてバランスをとればいいのかな~なんて思ってる今日この頃です。

メールおわり。


反対側のサビアンを活性化すると、運命の呪縛から逃れられる

運命の呪縛という言葉をつかうと、言霊のせいか、宿命論というか、
なんだかおどろおどろしいものがありますが。

この頃思うのは、呪縛というのではなく、ソンディでいう衝動は
たしかにあると思います。

そしてそれは、時に個人だけでなく、家族、一族に伝わる衝動という
こともあります。

しかし、衝動は意識化する、みつめ、開放することで、その力は弱まります。
サビアンが持つ意味は、今生学ぶべきテーマであり、やりつくすテーマなのでしょう。

私の場合は、MC(社会における最終目標)に近づいているせいか、
今まで、蟹座的に、純粋に心理的な深層を追求することに
満足していたのが、
それじゃっ、だめじゃん、社会の中で立脚点をもとめなきゃといった
「山羊座衝動」は確実に高まっています。

この6月にも、いろいろなテーマに出会えたのですが
同時にそういう蟹座の満足ではなく、社会で認められる仕事をしなきゃ、
実業につかなければという、気分が強くなっています。

それも見えない仕事ではなく、工場で部品をつくるといった、
目に見える社会にお役に立てる仕事をしなきゃというかんじでしょうか。

しかも山羊座の支配星は、土星で、今年は、プログレスの太陽は、
私のネイタルな土星山羊座の4度の度数に入ります。

ある一種、サターンリターン状態というか。

ところで、今冥王星は、射手座の最後のほうにきています。
2008年には、冥王星は、射手座から山羊座へと移ります。

射手座は、9番目のサインで、さそり座のようなひとつの集団の価値観から
自由になり、教養や学習の面でより高い精神性を追い求めようとしていきます。

ここ何年かの癒しブーム、自分探しは、そのあらわれだったといえるでしょう。
それは、青い鳥をさがしもとめつづけるピーターパンのようでした。

これに対し、山羊座は土のサインで、実際社会で食べていくにはどうするのか、
もっと大人になれという現実的な父親的な目線です。

山羊座冥王星の時代となると、ピーターパンでは生きられず、背広を着て
就活(就職活動)をしなければなりません。

実は昨日の北朝鮮からのテポドンは、そんな時代の到来を
象徴していたのかもしれません。

その前日まで、マスコミは、ワールドサッカー、中田の引退で一色でした。
それが、何発かのテポドンで、世間の論調はがらっとかわりました。

ちょうど江戸時代の末期にペリーの黒船によって太平の眠りからさめた
日本のような状態でしょうか。

「太平の眠りをさます蒸気船、たった4杯で夜もねむれず」

前から谷川と話していたのですが、第五元素活動も射手座冥王星のあらわれで、
山羊座冥王星の時代となったら変わらざるを得ない。

ある意味、セミナーやネットでの活動というのは、射手座時代のもので、
山羊座時代となると、精神性をおいもとめるのではなく、
目に見える実際的な社会化された活動となっていくのかもしれません。

私のネイタルな土星は、山羊座の4度は、「大きなカヌーへ乗り込む一団」

確実な業績を上げるために、信頼できる仲間を探さなければ
サバイバルできないという意味です。

そして度数が進むにつれ、山羊座代2グループに入り、
共同体に骨をうずめるかのように、全身で奉仕することが求められます。

私の場合、プログレスの太陽が、一足先に射手座から山羊座への移行を
果たしたので、よくわかります。

冒頭のメールの答えになるかわかりませんが、

ICが、蟹座16度で、火星や金星がからんでいたら、

自分の心のおくそこに、心理的なテーマを具体的なイメージにしたい
といった衝動と、山羊座のもっと社会的な実際的なものをおいもとめよといった
二つの相容れない衝動をより意識化していくというところでしょうか。

その上で自分のMCをみつめていく
しかも冥王星は、山羊座に入っていくので、山羊座的なしめつけは
厳しくなるでしょう。

私も自分のマンダラをしりたいという思いと、農業のような地に足の着いた
生活をしなきゃという、山羊座からのささやきのはざまにいるというきがします。

時代が山羊座冥王星に入る前に、自分のマンダラを見たいと、切に思います。

|

« 淘宮通信7月号が難産のすえ、やっと発刊されました | Main | テポドンがうちこまれ、「大本営参謀の情報戦記」を読み返す »

Comments

レスありがとうございます。

なるほど、衝動をみつめて開放し、その力を弱めると同時に、
反対側のサビアンも活性化させてバランスをとればいいんですね。
ちなみに、マンダラノートに興味を持ったり風水や易の本を読んでいたころは、家庭菜園でナスやトマトを作っていました。きっと無意識にバランスとっていたのかもしれません。

これから冥王星が山羊座に入るそうで、そうなるとそちらの活動やブログの内容も変わってくると思いますが、これからも楽しみにしています。


追伸:昨日、蟹座16度について、こんなページを見つけました。
プロの占い師さんが解説しています。
リンクしてる所から一番下の部分まで書いてあります。
http://www.asc-21.com/cgi-bin/ascforum/log/tree_2287.htm#16741

Posted by: ひまわり | July 11, 2006 at 10:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63139/10812274

Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮からテポドンが打ち込まれた日:

« 淘宮通信7月号が難産のすえ、やっと発刊されました | Main | テポドンがうちこまれ、「大本営参謀の情報戦記」を読み返す »