« August 2007 | Main | October 2007 »

「あなたの心の闇を読み解く淘宮通信」

P1000218
第五元素グループのメルマガは、クイントマガジンから、淘宮通信にかわり,2007年9月号外から
「あなたの心の闇を読み解く淘宮通信」にかわり、今日発刊されました。
このながれをみるとより第五元素(本質的なもの)をもとめて、心と体の統合や個人の問題としてだけ解決するのではなく、もう一度共同体の共同幻想(コスモロジー)にうったえるやり方や霊的なものなどさまざまな第五元素の歴史が見えます。

9月号外には、「なぜ淘宮通信からあなたの心の闇を読み解く淘宮通信となったのか」、少年犯罪の凶悪化のかげにバーチャル世界という異界にとっぷりつかった子供達の実態、第五元素グループとして、「家族心理学研究所」、「まんだら庵へようこそ」のサイトの紹介、「漫画「百鬼夜行抄」と闇のつきあいかた」や月恩会(干支九星勉強会)代表の林慶仁先生による「10月の各人の運気」など盛りだくさんにのっています。

明日はいよいよ総裁選です。
噂では、安倍首相は政界を引退とのことです。
ちなみにおじいさんの岸元首相は、戦前三スケといわれ、満州で新興官僚として辣腕をふるいました。その後敗戦によってA級戦犯として、巣鴨プリズンに
収容され、その後首相に指名されました。首相在任当時は、安保問題で国民の怒りを買い、一時は死も覚悟したと言います。
安倍首相もまだ40代なので、粘り強くあってほしいです。


ちなみに、水野は、明日は恵比寿で月恩会(干支九星勉強会)、日、月は七面山へ登ってくる予定です。

連休家でゆっくりという方は、旧淘宮通信メルマガ
「まんだら庵へようこそ」をどうぞ。

写真は夏にいった岩手県の遠野の民家でみた竈神(荒神サマ)
遠野は、今放映中のNHKドラマ「どんと晴れ」でもでてきましたが
河童、座敷童子、オシラサマなど妖怪天国です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9月淘宮通信が今日の夜発刊されます

8月27日に月食、9月9日に逆行していた金星も順行にもどり
11日は日食でした。

5日、6日あたりは、月食と日食のあいまで、地震その他の影響を
おそれていましたが、関東は巨大な台風にみまわれました。
一言で言えば首都圏の禊だったといえます。

この影響で、スマトラ巨大地震、安倍首相辞任だったと思います。
また、3日には、ここ2年間しし座にいた土星がおとめ座に移り
しし座、おとめ座の人はもろに影響をうけているのではないでしょうか?

しし座の人はこの2年間のプレッシャーをうけ、人生でのさまざまな困難
トラブルからようやく解放されそうです。

しかし、すべてをあいまいにする海王星(みずがめ)が引き続いて
しし座にオポジションなので、他人への配慮、現実的に物事に
対応するようにこころがけなければなりません。

またこの2年間は、(子供)しし座が政府、や親権威(土星)のコントロールに
対して反抗的な期間でもありました。

急に3日以降反抗的な子供に手を焼いていたのが、子供の態度が一変し
とまどわれている親御さんも多いのではないでしょうか?

それに対して、おとめ座の土星入りは何を意味しているんでしょうか?
乙女座は、労働者、医療、健康に関する職業を意味します。
これらの分野での問題の勃発、見直しがせまられそうです。

労働問題で言えば、すでに人材派遣業などで、違法状態が問題と
なっていますが、今日TVでは、ネットカフェ難民への相談窓口設置が報じられました。
また、企業の厚生年金の一部支給もれも報じられました。

考えてみたら、枡添氏の厚生大臣就任は、厚生、社会保険分野での
役人体質の見直し、改革を意味しているのかもしれません。

金星が順行に戻った影響か、世間的には週末の雇用統計の発表で
アメリカ経済の落ち込みを受けて、為替では2円あまりのドル安
日経平均も15000円をきったようです。

大気現象的にいってもこのごろの気の乱れは、大変です。
8日に節入りしましたが、(白露)今日朝起きたら、
いきなり安部首相辞任のニュースが飛び込んできました。
  
これも9月11日の日食のせいだと思います。
そこらへんについて、今日の夜発刊のメルマガで少し触れています。

しかし、今白河の関にいます。ここは、関東(栃木の那須)と
東北(福島の白河)の境で、「道の奥」といわれた東北の玄関口です。 
歌枕の地として松尾芭蕉ら多くの文人、歌人がおとづれた
ところです。

今日の後、しばらくインターネット環境がありません。
メールがみれるのは、土曜日以降になります。
そのため、急ぎ足での発刊になりました。 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

今月のメルマガ(淘宮通信)は

丁亥二黒年、戌申五黄月、癸卯九紫日

今月のメルマガ(淘宮通信)Seimeijinnjya
は、「まんだら庵へようこそ」のニューリアルにともない、
干支九星勉強会(月恩会)も組織を改定したのにあたって、干支九星特集号の
予定です。

ご多忙の林先生にご無理を言って、干支九星のいわれ、干支九星による運勢
などの執筆をお願いしています。

もしかしたら、今月号にかぎって福星用法もでるかもしれません。


もうしばらくお待ちください。
発刊のときはお知らせします。

写真は、水木しげる記念館のそばにあった、もののけ本舗の神棚
水木しげる記念館の木版画のそばになぜか京都の晴明神社のおふだが
妖怪―陰陽師ラインなのか。

ここには、水木しげるとライセンス契約の妖怪ジュースがあります。
ちなみにぺろぺろサゴジョーは、猫娘(りんごジュース)を飲んでいました。
詳しくは、近日中に水木しげるのページにアップします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

干支九星勉強会(月恩会)ニューリアルのお知らせ

丁亥二黒年、戌申五黄月、壬寅一白日
12si
毎月一回おこなわれていた、干支九星勉強会(月恩会)を9月から気をかえて
場所を恵比寿に、曜日を土曜日に開催することになりました。

9月は、22日(土)4時からで、会費は7000円です。
詳しい場所は、申し込まれた方に直接お知らせします。
申し込まれる方は、メール、電話等でお知らせください。
詳しくは、勉強会のお知らせをご覧ください。

干支九星学は故望月治先生がきわめられたものです。
干支九星学と気学の違いはなにかとよくきかれますが、気学は九星ですべてを判断しようとしますが、本来吉凶を判断するには、十干十二支が大切なのです。

授業では、故望月先生のもとで20年間学ばれた、林先生の実際の鑑定例から鑑定盤の作成方、中免法、奥免法に吉凶の判断、解神の採り方、方災の免れ方などを学びます。

望月治先生の教えでは、まず鑑定者が方災をとり解神を使い運の良い人に
ならなければならないといわれます。

今ご利益をもとめていろんな神社へ行かれる方が、多いですが
できれば自分の本命を知り、ベストな時期で移動すると効果が高いです。

九星だけで方位をとり、こんなはずではなかったと思われる方も
多いのではないでしょうか・
運の悪い人というのは、時期の悪い時に移動しやすく、ますます運が悪く
なるようです。

干支九星勉強会では、林先生のご指導のもと良き日を選んで、聖地めぐり
をする福取りもおこなっています。

今回の勉強会は、いままで勉強してきた中級クラスですが、
今後初心者向けの講座も開催する予定です。
興味のある方は、メールなどでお知らせください。

林先生は、干支九星学以外にも、天海上人の天源術、梅花心易、数占いなどいろいろ、占いの造詣が深いかたでぜひ今後勉強会をやっていただきたいと思っています。
勉強会のお知らせは、今後「まんだら庵へようこそ」に一本化する予定です。

今「まんだら庵へようこそ」のニューリアル中で、干支九星学のページも
歴史、参考図書などを載せる予定です。

勉強会で望月治先生の本も販売しています。
ご利用の場合は、メールでお知らせください。

写真は、須佐神社の十二支、古代から十干十二支は伝わっていたんですね。
神社の秘密を解き明かすために、陰陽学、干支九星学は必要です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »